7月26日(火)

先週の土曜日から壁材が搬入されています。搬送してきた大型の車からはクレーンで各階に置かれています。写真のコンクリート壁自体も空洞部分が多く、断熱効果は高いのですが、この壁の内側は発泡スチロールが吹き付けられ更に効果を高めます。その上に板などが張られ内装されます。外壁は、このコンクリート壁の外側にタイルが貼られます。

運び込まれた壁材。鉄骨の柱の間にくみこまれます。

運び込まれた壁材。鉄骨の柱の間にくみこまれます。

足場を少しはずして、各階に必要な数の壁材がクレーンで運び込まれています。

足場を少しはずして、各階に必要な数の壁材がクレーンで運び込まれています。

7月22日(金)

甲田宮司様にお願いし、上棟式を執り行っていただきました。新教育会館の棟を上げていただいた、工事の関係者をはじめとして、関わっていただいた多くの方々に心から感謝したいと思います。そして引き続いて行われる工事への安全を祈願しました。

会場は、新教育会館の2階です。

会場は、新教育会館の2階です。

一番高いところに「へいぐし」が飾られています。

一番高いところに「へいぐし」が飾られています。

配線工事が進められています。(1階)7月19日

配線工事が進められています。(1階) 7月19日

建設状況 7月15日(金)

2階床と屋上床(屋根)にコンクリートが流し込まれています。今日使われるコンクリートは60立米。大型ミキサー車が1台4立米積みなので15台分です。狭い教育会館の入口、まして、真田丸で観光客の車の多い公園前の道路でミキサー車が待機するところもありません。交通量の多い中での出入りは大変。また、空になったミキサー車が出たら、間を開けずに次のミキサー車が入れるように、コンクリート工場と現場、運転手さんの連携作業です。

狭い敷地の中に、大型ミキサー車が2台ミキサー車の奥には生コンを送るポンプ車も

狭い敷地の中に、大型ミキサー車が2台。ミキサー車の奥には生コンを送るポンプ車も

生コンの検査 温度(一輪車の中) 柔らかさ(真ん中の板の上) 含まれる空気(奥で作業をしている人) 強度確認のためのテストピース作り(手前の筒)

生コンの検査 温度(一輪車の中) 柔らかさ(真ん中の板の上) 含まれる空気(奥で作業をしている人) 強度確認のためのテストピース作り(手前の筒)等

明日(土曜日)は1階床です。床の厚みもあるので50立米のコンクリートが流し込まれます。

会館建設状況 7月14日(木)

明日から1階床、2階床、屋上床(屋根)のコンクリート打ちが始まりますので、床外周の型枠をはめる工事が行われています。

昨日、玄関周りに足場を新たに組むための資材が納入されました。トラックには少しもずれることなく、足場の支柱や板が積まれています。きちっと積まれているからこそ、たくさん積む事ができ、下ろすのも効率よく早いのでしょうね。積まれている様子も下ろす様子も、見ていて、とても美しいと思いました。

正面玄関入り口 出っ張りがあったり、柱があったり、型枠を加工しながらあわせるのは大変

正面玄関入り口 出っ張りがあったり、柱があったり、型枠を加工しながらあわせるのは大変

足場を搬入したトラック。寸分のくるい無くびっしりと積まれています

足場を搬入したトラック。寸分のくるい無くびっしりと積まれています

会館建設状況 7月12日(火)

午後2時の資料棟2階講堂は33度です。大変に熱い中ですが、建設は、当初示していただいた、月間・週間の建設工程通りに、むしろ少し早いくらいに順調に進めていただいています。

外観は当分の間変わりません。1階の床には、断熱のためのスタイロが敷かれ、その上に鉄筋が組まれています。縦横の鉄筋の重なりはすべて細い針金(結束線)で縛られています。この上に生コンが流し込まれます。鉄筋から顔を出している立ち上がりはトイレ内の洗面台につながります。

1階正面玄関の少し東側です。

1階正面玄関の少し東側です。

 

会館建設状況 7月11日(月)

7月8日の様子です。外観は本日11日と変わっていません。

7月8日の様子です。外観は本日11日と変わっていません。

全体は足場で囲われていて中はよく見えません。しかし、大きなトラックが来て、たくさんの建築資材が運び込まれています。各階の床にスタイロが敷かれ、その上に鉄筋が組まれています。今週金曜日には生コンが流される予定です。

会館建設状況 7月7日(木)

先週金曜日7月1日に鉄骨を建て始め、1週間でこのようにできあがりました。この期間は大変に暑い日が多く、ヘルメットをかぶっての組み立て作業の暑さは想像を絶します。本日も午後2時、旧館の2階講堂で33度ありました。屋外の現場で、鉄骨は無意識に触ると絶対にやけどをしてしまうほどの熱さでした。

JA側は防音シートで、会館側は網目ののシートで覆われてきます

JA側は防音シートで、会館側は網目ののシートで覆われてきます

会館建設状況 7月5日

会館の全体像が見えてきました。新会館は2階建てですが、以前の3階建会議棟ほどの高さがあるように思えます。本日は重い鉄骨の移動や組み立てが終わったので、昨日よりは小型のクレーンが活躍しています。明日から更に細かな組み立てのために、全周囲に外部足場が

資料棟の2階から撮りました。玄関の屋根はアーチ状。右の逆「く」の字は2階に上がる階段。

資料棟の2階から撮りました。玄関の屋根はアーチ状。右の逆「く」の字は2階に上がる階段。

組み立てられ、そこに遮音などのシートも貼られ、中が見えなくなります。会館の全体像はしばらくの間見えなくなります。

会館建設状況 7月4日(月)

鉄骨の組み立てが進み、会館の形が見えてきました。1本1本が1トンを超す重い鉄骨を、クレーンで持ち上げて、ゆっくりとその場所に移動させ、つなぎ目では2.3人の作業だけで、わずか2㎝ほどのボルト穴が見事にぴったりと合い、ボルトで固定されていきます。

トラックの上が新しい玄関。クレーンがつり下げているのは階段です。

トラックの上に張り出しているのが新しい玄関。クレーンがつり下げているのは階段です。